小顔に魅せる「シェーディングメイク」

MENU

気軽にさっと小顔に魅せる「シェーディングメイク」のやり方・コツ

小顔にみせるメイクはなんか難しそう、お金がかかりそう、等の理由で実行していない方も多いですよね。

 

顔に陰影をつけて立体感を出して、簡単に小顔に見せることのできるおすすめのメイク方法に「シェーディングメイク」があります。

 

少しのメイク道具を揃え、コツをつかめば面長な方も丸顔の方も、すぐに小顔を作る事ができます。

 

シェーディングメイクのやり方

まず、ポイントになる部分は顎とエラ。

 

この部分に影をつける事で大幅に顔の大きさが変わって見えます。

 

用意するのは、シェーディング用のパウダーと、できれば付属ではなく、少し大きめでふんわりしたブラシがあるとより良いです。

 

シェーディングパウダーは、ドラッグストア等でとてもプチプラなアイテムが出ていますので、まずはあまり濃すぎないブラウンを選んでみて下さい。

 

ブラシも、今では100円ショップでも優秀な物がありまし、ドラッグストアにも様々なブラシが揃っています。

 

面長の方

面長さんにおすすめな方法は、顎と額にもシェーディングを入れる事です。

 

縦長に見えるのを防ぐ事ができ、バランスの取れた輪郭になります。

 

コツは、同じ要領で少しずつ重ねていく事。

 

特に顎は、エラと繋がらないよう注意しながら、顎先にのみのせます。

 

額部分は、全体にのせるわけではなく、髪の生え際にそって、ぼかしながら薄めにのせて下さい。

 

この2箇所に影をつけるだけで、顔の形がだいぶ変わります。

 

丸顔の方

丸顔さんは、エラ以外に両サイドこめかみから下にむけて入れていきます。

 

髪の生え際辺りを重点的に、馴染ませながら多少濃いめにのせても大丈夫です。

 

左右のバランスを見ながら調節していきます。

 

さらにおすすめポイントは、口をすぼめた時にへこむ場所にのせる事。

 

ここにのせる事で、完璧な“小顔 みせるメイク”が叶います。

 

こめかみから、へこむ部分に3の字を描くイメージで影をつけます。

 

ただ、慣れるまで難しいところですので、練習してみる事をおすすめします。

 

この部分は、付属ブラシでは難しいので、大きめな物を使用し下さい。

 

エラ部分のコツ

面長さん、丸顔さん両方に共通するのは、エラの部分です。

 

上から下へ、加減しながらフワッとシェーディングカラーをのせます。

 

この時、いきなりたくさんつけず、ブラシに含ませてから軽くティッシュで払ってのせていくのがコツです。

 

左右、鏡を見ながら少しずつ重ね、不自然にならない程度にのせるだけで、顎に向かってのラインがシュッとする感じがわかると思います。

 

 

 

メイク道具1つで簡単に小顔に魅せることができるので、やらない理由がありませんよね。

 

もし手元にこのようなアイテムがある方は、早速取り入れてみて下さい。




スポンサード リンク