光フェイシャル エステ

MENU

光フェイシャル (IPL光エステ/フォト美顔/フォトフェイシャル)

光のエネルギーを肌に照射する施術のことを、光フェイシャル (光エステ/フォト美顔/IPL)と呼ばれ、人気のエステメニューの一つです。

 

光フェイシャル (光エステ)とフォト美顔は主にエステで行われ、フォトフェイシャルは医療機器のため、美容クリニックや美容皮膚科で施術を受けることができます。

 

いずれにせよ光を利用した施術は、繊維芽細胞を活性化する効果があり、肌のターンオーバーを促して、肌の生まれ変わりを助けます。

 

それによって、古い角質やメラニンが排出され、シミやそばかす、ニキビ跡に効果をもたらします。

 

また、毛穴の詰まりも解消するのでニキビ予防にもなります。

 

さらに、コラーゲンの生成を促す作用もあるため、たるみや小じわを改善する効果も期待できます。

 

照射する光は広域の波長であるため、肌には穏やかに作用し、傷つけることはなく、安全性の高い施術です。

 

施術内容の流れ。痛みはほとんどなし

まずカウンセリングを受け、肌質やトラブルなどの状態を確認。肌の状態に合わせて照射する波長を選び、最適な施術法が提案されます。

 

そして施術では、冷却ジェルを塗り、光から目を保護するためにアイガードを着用します。それから光を肌に照射という流れです。

 

痛みは個人差がありますが、エステで行う光フェイシャルとフォト美顔は痛みはほとんどなく、フォトフェイシャルはゴムではじかれたような刺激を感じる人もいます。

 

エステによっては、クレンジングや洗顔、ピーリング、マッサージ、パックなどがセットになっているメニューを提供しているところもあり、肌の状態に応じて組み合わせたオーダーメイドのプランでケアするサロンもあります。

 

リンパマッサージがセットのプランなら、むくみや老廃物等の排出を促すことにより、顔全体が引き締まってすっきりしたフェイスラインの小顔に仕上げてくれます。

 

施術後は肌が敏感になっているので、保湿と紫外線対策をしっかりと行う必要があります。

 

通う回数の目安。ニキビ跡ケアの場合は少し時間がかかります

一度施術を受けて悩みが解消される場合もありますが、肌トラブルを改善し、美肌の状態を維持するためには、通う回数は12回くらいを目安にすると良いでしょう。

 

肌トラブルの中でも、ニキビとニキビ跡は改善するためにはある程度の期間が必要で、イオン導入なども併せて行う方が改善を実感しやすくなります。

 

美容クリニックなどで受けることができるフォトフェイシャルは、エステよりも光の出力量が大きいため、8回くらいを目安に施術を受けるよう推奨されています。

 

ただしその分、料金も高く痛みも感じやすいです。




スポンサード リンク